Our message

more
美しい光景は我々の身近にあふれています。
そんなすてきな光との出会いをUCLDのスタッフの目線で紹介します。
写真

光を活ける

written by Hiroki Yagi

部屋に美しく活けられた花は、見る人の心に潤いを与えてくれる。玄関に活けた花は、来客者への華やかなもてなしとなり、食卓に飾られた花は、文字通り、料理に華を添える。 ライトの置き場所を変えてみるだけで、シェードから洩れる光の表情は随分と変わってくる。高さや位置、シェードのかたちや色、明るさが変わると、まるで違う空間の広がりや奥行を感じることができるのだ。  光を室内に点在させて「光を活ける」こと。それは心の潤いや優しさ、温かさ、豊かさをもたらすものだ。ぜひ楽しんで「光を活けて」みてほしい。 〔掲載:季刊ホームシアターNo.33(ステレオサウンド刊)より抜粋〕 (Phot by Hiroki Yagi)

Achivements

more
UCLD設立より20周年の約650プロジェクトの中からセレクトされたライティングデザインの実績を紹介。
そこには沢山の光の成果と今後に活かせる光の可能性がちりばめられています。

えひめ町並博

写真
PLACE
愛媛 2004
CLIENT
愛媛町並博実行委員会
PRODUCE
有限会社メディアマーケット
COOPERATE IN TECHNICAL WITH
宮地電機株式会社・大光電機株式会社
PHOTO BY
金子 俊男
LIGHTING DESIGN
内原 智史 綿貫真由美