- - -

Philosophy

Design Philosophy

写真 写真

光は軽やかな存在で忘れがち、でも意志ある存在。我々の生活の中で、有り余る視覚情報に埋もれることなく感性にとどく選りすぐりの光の情報を導き出し、光のある生活の中で、やさしさや和やかな会話が膨らむことを願って我々はこの仕事をつづけていきたい。コミュニケーションって、情報の量や言葉の量じゃない。わかっていながら説明を繰り返す日常の会話の中で、通じ合い、共感する心の響きをどんどん忘れていく・・・少し、大げさだけど言葉のないあかりのなかにそんな響きをこめていく・・・・・。 我々は光の魅力に取り憑かれたチームでありたい。

Lighting World

写真 写真

東京が24時間都市とよばれてひさしい・・・。高密度化された空間で我々は何かを拡張したり、増幅させ続けねばならない焦燥に駆られ続けている。 一日は太陽の恵みの変化でその色彩を増し、夜は人にだけ与えられた情感をもってあたかも深呼吸するようにその営みを繰り返している。 光の魅力・・我々人間と光の関係は歴史や生物学上に明かされた文化や機能だけでは計り知れない無限の未知を孕みながら益々その領域を拡げていく。地球上のあらゆる場所のあらゆる時間に常に光のドラマは進行している。光の世界にもう少し感度を増して目を向ける・・・その傍にいることが我々の願いです。

Organization

写真 写真

デザインの魅力、それは・・・一つの発想に共鳴しその響きがさらなる創造性を膨らませつつ伝播していくこと、それは常にたくさんの人との協働によるチームワークが重要となる。建築や都市、住宅やたった一つのともしびであっても、この協働作業は不可欠である。デザインの成果は人との信頼と健全な組織運動によって向上することを自覚し、多くの人との出会いやつながりに支えられるもの。我々のモチベーションはそうした人とのつながりと「光の可能性」に挑み続ける探究心によって成り立っている。