- - -

Our Message

写真

光がかほる

Satoshi Uchihara

「香を聞く」「音を観る」「光が香おる」 日本語の言葉に含まれたイマジネーションの深さを感じられる表現。耳を傍立たせる精神性や仏の声を聞くことと同じ尊い行為として「香りに触れる」ことに深みを出している。音の表現のリアリズムが目で捉えたように写実的であり、観音像の存在がこの意味とどう重なるかも神秘的である。光も余韻を残し空間の存在感と浸透性が「かおる」という言葉に感じられる。
[ 掲載:インタビュー (青幻舎)]

写真

ひかりの体験 自然シリーズ02

Hiroki Yagi

オーランドからマイアミに向う飛行機の中、窓の外を見ると雲のかたまりの中で、突然、雷が発生し爆音とともに巨大なひかりの塊に遭遇する。
窓から数十メートルのところで見たその圧倒的光景はひと時介入する自然の驚異を垣間見た。

写真

気持ち

Mayumi Watanuki

旅行の帰り、渋滞した車の列を美しいと感じたことがある。
いつもなら渋滞というだけで憂鬱になっていたのに、その時は友達と一緒にいられる時間がうれしくて、車から見える赤いテールランプの光を恋しいと思えた。
その時の気持ち次第でその風景や状況は何色にでも変化する。
最近、悲しいニュースが多すぎてこんな些細な事を忘れてしまっている人が多いように思える。だからこそ、ささやかなメッセージを伝えたい。
[ 掲載:季刊ホームシアターNo.29(ステレオサウンド刊)より抜粋 ]

写真

食卓にこそ光を盛りつける

Satoshi Uchihara

料理に盛り込む「心づくし」とは、相手の喜ぶ「感情の反応」と、よい思い出となる「記憶」の報酬なくしては、レシピにこだわりは生まれない。おいしい料理は目でも味わい、器に盛られた食材と同じ「こころ」で光も器に灯すべき。料理に不可欠な「心づくし」のとっておきは「光」の盛り付けできまるといえる。
[ 掲載:季刊ホームシアターNo.31(ステレオサウンド刊)より抜粋 ]

写真

ひかりの窓

Hiroki Yagi

先日、東京の下町でほっとする窓明かりに出会う。運河沿いに建つマンションの、その一戸、一戸に住む人々の生活が窓からこぼれ出ている。最初は点在していた窓明かりが、時間が経つにつれ増え、気づくと白熱灯のペンダントライト、蛍光灯のシーリングライト、ダウンライト、ブラケットライト、スタンドライト、部屋や家によって違った光で窓が色づきだす。窓明かりが灯ることによって、それぞれの個性がはっきりと見て取れる。まさに、そこに住む人々の生活がすべて違うように……。
[ 掲載:季刊ホームシアターNo27(ステレオサウンド刊)より抜粋 ]

写真

ひかりの体験 街の灯

Hiroki Yagi

富士山の山頂で体験した夜景、満天の星空の下、眼下に広がる雲海に、巨大な光のかたまりがあちらこちらに見える。御殿場、富士、富士宮、沼津、三島、無数の都市の明りが雲のフィルターを透してひとつの行灯となって見える。ひとつひとつは小さくてもそれらが集まりフィルターを透したときその光景は地球規模の夜景に変貌していた。

写真

炎とLED

Mayumi Watanuki

この2つの光はとても対照的で歴史も、仕様も全く異なる。
でもこの2つの光をお互いがお互いを感じ、反発しないように少し手助けをしてあげることで、想像できない程神秘的でピュアな表情を創り出してくれる。
その瞬間、遠い昔の光と今の光がちょっとした光への思いで、一つに繋げられた気がした。
(青蓮院門跡2005秋)

写真

星祭

Satoshi Uchihara

江戸時代京都鴨川で子供たちのための「光のお祭り」が存在した。寺子屋の手習いの帰りに持たされたホウズキ提灯を手に細かい隘路から川原に抜けた子供たちの目に飛び込む「光景」はまるで天の川のような光の体験であったという。
受け継がれる祭りと今は途絶えてしまった祭りも数多くあるが、京都にこの「星祭り」を再興することもひとつの夢である。
(大洲市、肱川「星祭り」2004えひめ町並博)

写真

ひかりを守る

Hiroki Yagi

福島県二本松市のちょうちん祭りは東北の三大提灯祭り。その歴史は古く360年前から行われている。
太鼓台と呼ばれる屋台に、提灯を約300個取り付け、一晩で使われる蝋燭の数は1台1500本を越える。なかでも台上で蝋燭を取り替える姿は圧巻。蝋燭を口にくわえ一灯たりとも「火を絶やさない」ことが7町7台の1町を代表するメンツである。まさに町をあげて「祭りの火」を支え続けている伝統であり、今の姿である。

写真

ひかりを操る

Hiroki Yagi

器具の機能を見定めて、指定された器具がさらにその効果を放つには現場での調整が最も重要なフィニッシュワークとなる。「人の手」によって光の表情がスポットライトの微妙な角度にも現れる。あたかも絵の具と筆を使い分け空間をキャンバスに光によって描いていく。
この時間を大切に確保することもデザイナーの役割。

写真

Natural scene

Mayumi Watanuki

その日は昼から天気が良くなり、山頂付近にはうっすらと霧が懸かっていた。
近づいてみると、何とも言えない薄い光のベールが天から降りていて、触れたら一瞬にして消えてしまいそうな、柔らかい繊細な光に包まれた。
自然が創りだす光は必然と偶然のドラマ。自然の中の光をもっと体験すること。

写真

光を身につける

Satoshi Uchihara

装飾品を身体にまとうように、自由に空間の中で光を楽しむことは、たくさんの人と共有できる演出の特効薬でもあり、気軽な実践によって「自分らしさ」を表現するプレゼンテーションテクニックでもある。
[掲載:季刊ホームシアターNo.31(ステレオサウンド゙刊)より抜粋]

写真

共有すること

Satoshi Uchihara

「共有」をテーマとする「恋人たち」であっても「感激して互いに握る手に力を込めて見つめる雄大な日没のシーン」や「同時に味わう1パイのラーメン」でさえおのおのの感覚器官を経由して取り込まれた情報は「異なる」ものと言うしかないのである。

とすると、我々が共有できるものは・・・ただひとつ「創造世界」つまりはイマジネーションの世界だけとなるわけである。

写真

言葉の魅力

Satoshi Uchihara

日本語の断定的でない表現。とよくとり沙汰されるが、とりわけ生まれ育った京都などははぐらかすようにむしろ意思を断定的に結ぶ表現は少ない。
どうも遠まわしに感じていたこの言葉のキャッチボールもたどり着く目的は「言葉の答え」ではなくその間(あいだ)にある感覚的な表現の応酬だったといえる。日本文化独自の空間表現もこの言葉のニュアンスと密接な関係があるのではないだろうか。

写真

手間の美学

Satoshi Uchihara

「電気」の登場は人類史上最も大きな変化でもある。その輝かしい歴史の変遷の中で有り余る機能を受け入れつつ劣化し続けてきたのが「手間の美学」。
今の生活に蝋燭を使うことの難易度の高さは提案してみないとわからない。風で消え、雨にもろく、危険性が高く、寿命がとても短命などなどその弊害はよどみなく挙げられる。がどうしてもフェイクでは表現し得ない情緒がある。炎が灯されている状態によって「伝わる」人の手の感触・・・その理由は今挙げた弊害のなかにこそある。そしてその弊害を補う「人との関係」にあると言えるだろう。

写真

コスト

Satoshi Uchihara

景気がまさに計り知ることができない「人の気」や「雰囲気」によって変動するように、お金の価値観も刻々と変化するもの。対価を支払って「目的の価値」を獲得はするが、この「目的の価値」の物理的なものの価値以上に実は「充足される心や気分」にその対価は支払われているもの。「食べることも」「着飾ることも」「住むことに付加していく贅」もなにもかも。実はその満足つまり「理想」を仮想的に物理にゆだねて我々は精神的満足に近づこうとしているのである。(写真:北欧の住宅 資料提供:ルイスポールセンジャパン)

写真

電気からあかりへ

Satoshi Uchihara

一般家庭の照明のON/OFFがほとんど壁付けのスイッチによって突然、暗闇に切り替えられるが、この「衝撃」によって我々は照明を「電気」ととらえて随分と長い間その生活環境を変えようとしていない。子供を寝かしつける母親が「早く寝なさい」と言いながら突然「暗闇」を強制するシーンと、同じ会話でも押したスイッチが数分かけて消える調光スイッチだったなら・・・子供が徐々にまどろんでいくやさしげなシーンが浮ぶのではないだろうか。
ささやかながら、「あかりを消して」という日常の会話から始めてはいかがだろうか。

写真

デザイン フィー

Satoshi Uchihara

光によって全てを創り出す視覚環境の中で空間の情緒や質の高い時間をコントロールするライティングデザイナーの職能は今、どんどん社会的にその必要性に対する認識を高めつつあります。我々はその対価によって常にデザイナーとしての資質を高め、社会的責任を自覚し、日々魅力的なライティングデザインの提供をつづけることに努めていかなくてなりません。
UCLDのホームページではそのコンテンツ「company」の中で我々のデザインフィーについても紹介しています。

写真

デザインテクニック

Satoshi Uchihara

ライティングデザインナーが用いる「光のテクニック」UCLDのホームページではそのコンテンツ「achievements」の中で、デザインワークの中の「concept・design technique・speciality」の3つのテーマでUCLDの魅力を紐解いています。是非ご覧ください。
click→achievements

写真

住宅を新しく建てる人に

Satoshi Uchihara

住まいに大切な光の提案をします。住むことの楽しさ、やさしさは光によって一変します。UCLDのホームページではそのコンテンツ「company」の中で、あらたに我々が提供するコンサルテーションの新業務を紹介しています。住宅オーナーになろうとする方だけの耳寄りなサービスですから、是非ご覧ください。
click→(company・住空間への光のコンサルテーション

写真

見立てと道具立て

Satoshi Uchihara

形あるものの存在や行為の目的、いづれも我々の生活の中で繰り返される結果のように思えますが、その形の周りやその行為の途中を味わっていませんか本当は。
光はそこを訴えているのです。

写真

no light! no life

Satoshi Uchihara

命に必要な光。でも必要なだけじゃない。

写真

夫婦喧嘩のなくなる光

Satoshi Uchihara

一部屋1台の明かりの弊害は思っているよりはるかに重大!
何もかも浮き彫りにしてしまう過剰な光と「1つ明かり」=「自分のテリトリー」に割り込む構図は快適な共同生活にあってはならないものなのです。同じ空間にいながら相手の世界が柔らかく独立している・・・
生活の変化は「模様替え」よりアイデンティティーの確率が特効薬。

写真

光を活ける

Hiroki Yagi

部屋に美しく活けられた花は、見る人の心に潤いを与えてくれる。玄関に活けた花は、来客者への華やかなもてなしとなり、食卓に飾られた花は、文字通り、料理に華を添える。
ライトの置き場所を変えてみるだけで、シェードから洩れる光の表情は随分と変わってくる。高さや位置、シェードのかたちや色、明るさが変わると、まるで違う空間の広がりや奥行を感じることができるのだ。
 光を室内に点在させて「光を活ける」こと。それは心の潤いや優しさ、温かさ、豊かさをもたらすものだ。ぜひ楽しんで「光を活けて」みてほしい。
〔掲載:季刊ホームシアターNo.33(ステレオサウンド刊)より抜粋〕

(Phot by Hiroki Yagi)

写真

車窓光

Hiroki Yagi

突然すばらしい夜景に出会うことがある。中秋の名月を過ぎた10月8日の夕方、満月に照らし出された高速道路を富士川サービスエリア付近を東京方面に走っていたときのことである。富士山から箱根までの稜線が月明かりで照らし出され、富士山の斜面になだらかに広がる都市の夜景と一体になった光景はすばらしかった。視点が動くなかでその光景が徐々に変化していく様は広大な宇宙の光のアトラクションに乗っているかのよう・・・。

写真

太陽

Mayumi Watanuki

この太陽の光が生き物の命を支えている。ちなみに地球から太陽は約1億5000km。日中50000ルクスの明るさを享受しているとして、その発光光度は1.125×1027cd(キャンデラ)数位でいうと億・兆・京・垓を超えて秭(じょ)の位でしょうか・・・しかも、軌跡はそれ以上でもそれ以下でも我々が授からなかったこと。晴らしいパワーですよね 
(photo by Mayumi Watanuki)   

写真

日本の色

Mayumi Watanuki

この色彩の中には何種類の色が隠されているのでしょう。
その美しさとあらゆる変化が少しずつ重なり見え隠れする様に日本らしさを感じます。
皆さん日本人に生まれてよかったと思いませんか?
(photo by Mayumi Watanuki)

写真

熱量のある光

Hisaki Kato

冬の縁側に差し込む太陽の光。ストーブから溢れる炎の光。食卓で料理を照らす白熱灯の光。これらの光は
たくさんの熱量を蓄えて私たちに伝わってくる。この光と共に伝わる熱には心を温ためる成分が含まれていると私は思う。
そんな光の中にある『熱量』を今一度大切にしたい。

写真

光で描く

Hisaki Kato

ボリビアの都市ラパス。
すり鉢状の地形にはびっしりと家々が密集している。夜になるとその家々に明かりが灯り、すり鉢の底から見上げると360°無数の光に囲まれる光景を体験できる。
その明かりの1つひとつを人間が灯していると想像すると、光は人間のエネルギーを表現する絵の具の様なものだと感じる。

写真

光を観る

Hisaki Kato

『光』を『観る』と書いて『観光』。
中国の句「国の光を観る。用て王に賓たるに利し」との一節が語源とされている。
その土地どちの景色や食事を楽しむことのすべてを総称して『光』と表現しているところに『光』という言葉の奥深さを感じる。
常々何かを照らす物質のみを『光』と捉えがちだが、「光とはそんな単純なものではないぞ!」と先人から気づかされる。

写真

ウィンドウ・サイド

Masaki Kawaguchi

人様の家の窓をあまりじろじろ見るのは褒められた事ではないかもしれないが、普段生活している中で、ふと興味をそそる光景を目にする事'がある。
写真は猫のシルエット。生きている猫なのか人形なのか、生きている猫ならば何猫なんだろうか。気になってしばらく足を止めて見入ってしまったことがある。例えば子供のおもちゃが外を向いて窓に飾られていたらどうだろう。
その子が大切にしているモノがなんだろうかなんて思いを寄せる事が出来るかもしれない。
さすがにショーウィンドウ程のことをすることも無いが、窓が町行く人たちとの接点であるなら、顔も名前も知らない誰かを微笑ませる工夫をしてみたい。

写真

雨上がりのアートミュージアム

Masaki Kawaguchi

雨上がりの歓楽街は待ち合わせが楽しい。
実像として鮮明に見えている風景がアスファルトの路面に映り込み、パステル画をぼかしたような姿が現れる。
なにかその場所の気配のようなものだけが浮かびあがった一枚の抽象画を見ているような気分になる。
待ち合わせ場所までの道中は、そんな絵画の世界を見て歩くことが出来るちょっとしたミュージアム空間だ。

写真

感覚的なもの

Masaki Kawaguchi

工事現場の照明は普段、特に意識することはされないかもしれないが、実はとても珍しいオブジェクトだと思う。
両手いっぱいでようやく抱えられるぐらいの大きさの球体が真っ白に光っている。
同じような光はそう他には見当たらない。工事現場以外ではどんな空間が似合うのだろう。
日常的には「工事中」という環境を見つけた瞬間から安全意識が働くからだろう。
情緒的な感覚は引っ込んでしまう。ジェネレーターの音の印象が強いせいもあるかもしれない。
経験的知識や先入観念を一度意識の脇に置いて世界を見直してみると、何げない風景から新鮮な光を見つけ出すことができると思うようにしている。

  • 光がかほる
  • ひかりの体験 自然シリーズ02
  • 気持ち
  • 食卓にこそ光を盛りつける
  • ひかりの窓
  • ひかりの体験 街の灯
  • 炎とLED
  • 星祭
  • ひかりを守る
  • ひかりを操る
  • Natural scene
  • 光を身につける
  • 共有すること
  • 言葉の魅力
  • 手間の美学
  • コスト
  • 電気からあかりへ
  • デザイン フィー
  • デザインテクニック
  • 住宅を新しく建てる人に
  • 見立てと道具立て
  • no light! no life
  • 夫婦喧嘩のなくなる光
  • 光を活ける
  • 車窓光
  • 太陽
  • 日本の色
  • 熱量のある光
  • 光で描く
  • 光を観る
  • ウィンドウ・サイド
  • 雨上がりのアートミュージアム
  • 感覚的なもの