- - -

Achievements

Qiball

PLACE

千葉 2006

PRODUCE

株式会社日建設計

PHOTO BY

CO/SP:平 剛 DT:廣木 花織

CLIENT

千葉中央第六地区市街地再開発組合

COOPERATE IN TECHNICAL WITH

ヤマギワ株式会社、スタンレー電気株式会社、ダイア蛍光株式会社

LIGHTING DESIGN

内原 智史
八木 弘樹

Concept

つなぐ光

街をつなぎ、機能をつなぎ、人をつなぐ光環境の創出
地球環境、地区環境に寄与する光環境の創出
高い安全性と機能を備えた光環境の創出

写真1

Design Technique

連続と強調

外観の光環境は、街区のランドマークとなる光をデザイン。
屋上階キャノピーへの間接照明によって建築のスカイラインがシャープにシンボライズされている。
アトリウムは、球体全体に光を与えず、メリハリのある立体感を感じさせる光とした。
夜間には、シンボルである球体が、印象的に浮遊する陰影の深い光のデザインとしている。
巨大な球体を支える2本のガラスの三角柱は、光柱として建築の力強さと劇的な光を作り出している

写真1

Specialites

浮かび上がる

建築全体を光の装置として捉え、建築意匠を生かした垂直・水平の光ラインは4200Kを用い、それらの光につつまれた内部に浮かぶ球体を2800Kの光で投光している。
2色の光はバランスよく、洗練さえた構造美と素材感を引き出し、温かさを感じる絶妙なコンビネーションを作り出した。

写真1