- - -

Achievements

秋田拠点センター

PLACE

秋田 2004

PRODUCE

なし

PHOTO BY

菅野 哲也

CLIENT

秋田市

COOPERATE IN TECHNICAL WITH

ヤマギワ株式会社・松下電工株式会社・大光電機株式会社・山田照明株式会社

LIGHTING DESIGN

内原 智史
八木弘樹

Concept

積層される光

竿灯祭りに代表される美しいあかり文化をもつ秋田にふさわしい光環境の創出。
低層の公共棟は、ちょうちん、格子のあかりをコンセプトとした水平方向の積層光による光環境を計画。
高層の民間棟は、トーチ、縦方向の光をコンセプトとした垂直方向の積層光による光環境を計画。

写真1

Design Technique

アップ+ダウン

5階まで吹き抜けとなるアトリウムは、階層が複雑に積み重なる特徴ある天井を四方に広がる鉄骨の組柱が支えている。柱の形状変更部にセラミックメタルハライド70W、150W(色温度3000K)の小型投光器を設置し天井面、床面へ照射している。天井は各階層の木製格子の重なりの美しさ、木床は組柱を中心に明るさが広がることにより、この空間のもつ特徴を際立たせている。

写真1

Specialites

行灯

4本の組柱の床下に埋込アップライトを設置し夜間の残置照明として柱行灯の効果を得る手法を用いている。これら木部に反射した光は内観だけでなく外観から大きなろうそく行灯のようなやわらかな光景を創出している。

写真1